医師と合わなかったので個人輸入でAGA治療を続けました

30代後半から髪が薄くなってきてAGA専門クリニックに通い始めたのですが、そこの医師とはどうも合わず病院を変えようかと思っていました。
その医師はまるで流れ作業のように経過を聞いて、いつもの薬を処方してそれでお終いという感じだったんです。
これでは近所のドラッグストアなどで薬を買っているのとほとんど変わりませんし、それならいっそ受付でそのまま薬を買えればいいのにと思ってしまいました。
そんな時、義兄から個人輸入を利用してみてはどうかと教えてもらったんです。
実は義兄は以前からプロペシアを海外から購入していたそうで、その品質は病院で処方してもらうものとまったく同じだと言います。
医師と顔を合わせる必要もありませんし、ネットの個人輸入代行サービスを利用すれば通販と同じような感覚で購入し、家まで配送してもらえます。
義兄が実際に使っていて安全だということがはっきりわかっていたので、さっそくわたしも利用してみる事にしました。
教えてもらった個人輸入代行サービスは本当に一般的な通販サイトと同じようなつくりで、個人輸入をしているなんて言われなければわからないでしょう。
海外のプロペシアは思ったよりも安く、もう面倒な通院をしなくていい上に医療費を大幅に節約できると妻も喜んでいました。
そこでは他にも薄毛治療に使われるミノキシジルが入った塗り薬も扱っていたので、その安さに釣られて一緒に注文する事にしたんです。
商品は4日ほどで届き、見た目は少し私が知っているものとは違いましたが、効果がまったく違いないというのは3ヶ月ほど使ってみて実感できました。
クリニックには4ヶ月ほど通っており次第に抜け毛の量が減ってきていたところで、個人輸入に切り替えてからも同じペースで抜け毛が減っていたからです。
おかげで治療開始から半年経過した頃には、抜け毛の量は20代の頃と同程度になりました。
しかも、一緒に塗り薬も使っていたおかげか、新しく生えてくる毛も感動的なほどに増えてきたんです。
髪を掻き分けて頭皮をチェックすると、産毛や若い髪が増えて地肌の白い部分がだいぶ減ってきたのがわかって嬉しくなります。
これだけはっきり効果が現れてきたのは、わたしが早めにプロペシアによる治療を始めたのもありますが、もうひとつは個人輸入に切り替えた事によるストレスの軽減が大きかったと思います。
合わない医師と毎月顔を合わせなければいけないというストレスや、病院へ通うためにスケジュールの調整をしなければならないストレス、薄毛治療にかかる費用が高というストレスがなくなった事で、わたしの発毛力がアップしたのでしょう。
おかげで1年半ほどでフサフサの髪を取り戻し、長年AGA治療を続けていたという義兄に羨ましがられたほどです。
やはり薄毛も早めに対処する事が大切で、そのためにもプロペシアや個人輸入の事をもっと多くの人に教えてあげたいと思います。
今では妻も個人輸入を利用して、美肌クリームやサプリメントを購入し、夫婦そろって自分磨きに励んでいます。

Comments are closed.